シミュレーション研修

シミュレーション研修とは

基礎技術研修で得た知識や手技をさらに深め、臨床研修への橋渡しのための研修です。

①ソフトシミュレーション研修(eラーニング教材学習)と②ハードシミュレーション研修(高機能シミュレータによる実技実習)の2種類の研修によって、必要な知識を学び、手技のトレーニングを行います。

  • ソフトシミュレーション研修は、eラーニング教材による学習です。臨床を疑似体験しながら、楽しく必要な知識を学べます。
  • ハードシミュレーション研修は、高機能シミュレータを用いた、実践的なトレーニング実習です。
    また、スキルスラボ(自主学習室)で、ユニットマネキンを用いて、基礎実習や臨床実習でトレーニングした臨床手技を復習し、確認することができます。

eラーニング教材例

  • 高機能シミュレータ(高齢者患者ロボット)

  •  

  • スキルスラボ